データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

臨海都市圏の生活文化(平成7年度)

(1)南北航路の歩み①

  ア 南北航路の開設と発展―競争と協定の歴史―

 愛媛県と広島県を結ぶ南北航路は、山陽地方との鉄道連絡ルート、また、島しょ部との連絡ルートとして発展し、経済的、社会的、文化的交流という役割を果たしてきた。
 芸予航路は、明治23年(1890年)11月、石崎汽船が木造の蒸気船「函洋丸」(35トン)を傭船(ようせん)(チャーター)し、三津浜―宇品間に開設したのが始まりである。同年12月には、広島汽船合資会社が芸予航路に参入し、石崎汽船と運賃割引合戦を展開した。
 今治-宇品航路は、明治21年3月、今治の木村汽船によって開設された。続いて、明治25年11月、住友汽船が山陽鉄道に連絡させるための新居浜-尾道航路を開設した。さらに、明治30年8月、今治の東予汽船によって今治-尾道航路、今治-宇品航路が開設され、それぞれの航路は島しょ部を経由したので各航路は繁栄した。明治35年に就航した東予汽船の「第1東予丸」(47トン)をはじめ、歴代の東予丸は、今治-尾道間の代表的な鉄道連絡船となった。さらに明治36年(1903年)8月、石崎汽船は、大阪、東京への鉄道連絡便として「第3相生丸」(96トン)で三津浜-尾道間に定期航路を開設した。(山陽鉄道は、神戸を起点に明治24年岡山、25年三原、27年広島、34年下関まで完成)。明治末期までは松山-大阪間は海路で24時間を要したが、大正元年(1912年)には尾道、山陽線経由で13時間に短縮され、松山-東京間も28時間となった。
 このように愛媛-広島間の南北航路は日本の産業、交通の近代化とともに発展してきたが、航路をめぐる各汽船会社の競争は明治、大正、昭和時代を通じて激烈に展開された。
 南北航路発展の歩みは、石崎汽船、広島汽船、肱川汽船(伊予汽船)、大阪商船、尼崎汽船、東予汽船(瀬戸内商船)、瀬戸内海汽船等々の汽船会社による、まんじともえの激しい競争、紛争の繰り返しと協定、連帯(共同運航)の歴史でもあった。
 その間、瀬戸内海の南北航路において貨物、旅客輸送を担ってきた船舶も、蒸気機関、焼玉機関からディーゼル機関による貨物船・旅客船に発展し、速力や設備も近代化してきた。さらに戦後は、高度経済成長とモータリゼーションにともなうフェリーボートの就航(昭和34年、昭和海運の「あき」が今治-三原間に初就航)や、新幹線はじめ高速交通時代に対応した水中翼船(昭和39年、瀬戸内海汽船の「ひかり」が今治-尾道間に初就航)、高速船、スーパージェット(双胴型ウォータージェット推進高速船、平成5年10月から瀬戸内海汽船「道後」、「宮島」と石崎汽船「瑞光」、「祥光」が松山-広島間に就航)などが相次いで投入され、今日では、松山-広島間は70分、松山-尾道間は85分で結ばれるに至った(写真1-1-16参照)。
 以下、南北航路を代表する石崎汽船と瀬戸内海汽船の2社を取り上げ、そこで安全運航に尽くしてきた人々の航跡をたどってみた。

  イ マルイチ石崎汽船の歩み

 平成7年、石崎汽船株式会社は、明治6年(1873年)の創業(前身は石崎廻漕店)以来122年を迎えた。石崎汽船のシンボルマーク、マルイチ(屋号)は、文久2年(1862年)、創業者の祖父にあたる新浜村(現在の松山市港山町から高浜町にかけて)の庄兵衛が松山藩御用の廻船問屋を始めてから今日まで、133年にわたり瀬戸内海になびかせ、芸予を行き交う人々に親しまれてきた旗印である(写真1-1-17参照)。
 以下、最近発刊された『石崎汽船史海に生きる』により、133年にわたる石崎汽船の歩みを略年表で掲げる。(⑩)

文久2年(1862年)新浜村の庄兵衛、藩御用の廻船問屋になり、上方から江戸、奥羽方面まで物資輸送に活躍
明治9年(1873年)庄兵衛の孫の石崎平八郎、松山―大阪間に旅客航路を開き、三津浜で旅客船業「石崎廻漕店」を創業
明治23年(1890年)三津浜-宇品間に芸予航路を開設。広島汽船合資会社の参入により運賃の値引き合戦に発展
明治36年(1903年)大阪・東京への鉄道連絡便として、三津浜―尾道間に定期航路を開設(尾道航路の始まり)
明治39年(1906年)高浜港完成、三津浜寄港の定期船の多くは高浜に移る。
明治44年(1911年)尾道航路の有望性が鉄道院に認められ、石崎汽船、伊予鉄道、国鉄の三社連帯運輸が許可される。貨物連帯運輸の許可も受ける。
大正7年(1918年)石崎汽船株式会社を設立(資本金20万円)、初代社長に石崎兵太郎就任。
大正11年(1922年)今治-宇品航路を開設(翌年廃止)、三津浜-新居浜航路を開設(翌年廃止)、三津浜築港完成(写真1-1-18参照)
昭和 9年(1934年)不定期の大阪航路を開設、午後5時に三津浜出港、高浜経由で翌朝8時大阪着。
昭和23年(1948年)芸予航路、尾道航路再開
昭和40年(1965年)初のフェリー芸予航路に就航
昭和41年(1966年)初の水中翼船が就航し、松山-広島間で瀬戸内海汽船とともに水中翼船2隻による6往復運航開始
昭和42年(1967年)松山観光港完成
昭和43年(1968年)芸予航路、全便フェリー化が実現(瀬戸内海汽船と共同運航)
昭和44年(1969年)尾道航路に水中翼船が就航
昭和50年(1975年)松山―三原航路開設(瀬戸内海汽船、昭和海運と共同運航)
昭和63年(1988年) 瀬戸大橋開通の影響で三原航路廃止
平成 5年(1992年) 双胴の超高速船スーパージェットが芸予航路に就航(写真1-1-19参照)

図表1-1-14 瀬戸内海南北主要航路

図表1-1-14 瀬戸内海南北主要航路