メインメニュー

生涯学習情報提供システムメニュー

新着情報

2024/04/25

共同企画展「今治平野と芸予諸島の遺跡からみえてきた人々の交流・航路・船」

                                   ~縄文時代から古墳時代~

詳しくは画像をクリック

(公財)愛媛県埋蔵文化財センターと今治市教育委員会では、これまで本四架橋や今治道路関連調査などで島嶼部の遺跡や古墳、今治市
内の遺跡を数多く調査してきました。

愛媛県東部に位置する芸予諸島および高縄半島沿岸地域は、太古より瀬戸内海航路が発達し物流の大動脈として重要な位置をしめていま
す。高縄半島の北東側に開けた今治平野には、西部瀬戸内や中部瀬戸内のほか芸予諸島、備後地域からも人々の行き来を示す遺物が入って
きています。
また、島嶼部では塩の生産が行われ、中継地として海上交通に関わる遺跡もみられます。

今回の企画展では、今治平野と芸予諸島に海を介して他地域からもたらされた文化や地域間の関係を示す遺物を取り上げ、縄文時代から
古墳時代の人々の交流関係と原始・古代の瀬戸内海航路や船について考えてみます。

【期 間】2024年5月25日(土)~7月15日(月・祝)

【会 場】愛媛人物博物館 3階 企画展示室

【開館時間】9:00~17:30(入館は17:00まで)

【休館日】月曜日(7月15日は開館)

【観覧料】無料

 

共同企画展連動  歴史・考古学講座          学び舎えひめ対象講座

【会場】愛媛県生涯学習センター 4階 大研修室

受講無料 要事前申込み 定員各120名(先着順)

申込期間:5月15日から随時 

第1回 6月2日(日) 13時30分~15時30分

「弥生人、芸予の海を渡る-海から見た瀬戸内の弥生・古墳文化-」 講師:柴田昌児(愛媛大学埋蔵文化財調査室室長)

第2回 6月16日(日) 13時30分~15時30分

「伊予から来た弥生の船」 講師:伊藤実(元広島県教育事業団埋蔵文化財調査室長)

第3回 6月30日(日) 13時30分~15時30分

「原始・古代の人びとの航海-誰が何をどのように伝え広めたのか-」 講師:谷若倫郎(元愛媛県教育委員会文化財専門監)

応募方法:電話(089-963-2111) 又は
お問い合わせフォームから(氏名、住所、電話番号、希望講座≪第1回~3回≫をご記入ください。)

※お申し込みは5月15日以降にお願いいたします。

All Rights Reserved Copyright c Ehime Prefectural Lifelong Learning Center (JAPAN)