メインメニュー

生涯学習情報提供システムメニュー

新着情報

2022/07/31
令和4年度 愛媛人物博物館夏季企画展

南放 水墨の世界 ~石井南放生誕110年を記念して~

大正元年、温泉郡難波村(現、松山市)に生まれた石井南放(本名・進)は絵を描くことが好きな少年でした。愛媛県師範学校へ進学、成績優秀、絵の世界に道を求め、東京美術学校の師範科で学び、師の川﨑小虎氏からは水墨画を強く勧められました。卒業制作「帯」は師の作風を慕い新興大和絵系の流れをくみます。大潮会展で特選を獲得するなどしましたが、太平洋戦争の影響で故郷に帰任、戦後は灰燼のなか愛媛の美術界立て直しに尽力、愛媛大学で教鞭をとりました。
吉田蔵澤の基礎研究を確立する一方、その墨竹に触れ続けたことは南放の画業に大きな影響を与え、水墨への回帰を決定させます。蔵澤が竹を愛し竹に没頭、画業を竹に集約したように、南放も好きな松に心ひかれ追い続けることとなるのです。「白砂青松は瀬戸内のシンボルといわれ、われわれの心のふるさとである」と述べ、各地の名松を、そして無名の松を描き続けました。いつしか、松を描いて南放の右に出るものはいないと評され、「松の南放」は「竹の蔵澤」と並び称されるようになったのです。

【期 間】2022年7月23日(土)~2022年9月4日(日)

【会 場】愛媛人物博物館 3階 企画展示室

【開館時間】9:00~17:30(入館は17:00まで)

【休館日】企画展期間中は休館日なし

【観覧料】無料

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

関連講演会

終了いたしました。ご来場、ご視聴ありがとうございました。

令和4年7月31日(日) 13:30~15:30

テーマ:「南放さんの思い出」
講師:髙木 貞重氏(町立久万美術館)

≪会場参加≫

【会場】愛媛県生涯学習センター 研修室

受講無料 要事前申込 先着順 定員80名

受講をご希望の方は、住所・氏名・連絡先を、
メールまたは電話にて愛媛県生涯学習センター までお申し込みください。
■定員になり次第、受付を終了いたします。

 

≪YouTubeライブ配信≫

講座の様子をYouTubeにてライブ配信いたします。※既に配信は終了しております。
当日、どなたでもご覧いただけます。
視聴無料 事前申込不要
ご視聴は当日、生涯学習センターYouTubeチャンネルに下記URLかQRコードよりにアクセスしてください。
https://www.youtube.com/channel/UC8A0D9op2fOK5Ih7X2aJWAA/featured
QR_学習センターYouTube

 

All Rights Reserved Copyright c Ehime Prefectural Lifelong Learning Center (JAPAN)