東日本大震災から1年が過ぎました。この日、ヤンボラに来ていた高校生で県社会福祉協議会主催の集いに参加しました。
 桜シートにメッセージを書いていきます。幼児から年配の方まで、たくさんのメッセージが集まっていました。

 被災地から愛媛に移ってきた子どもたちと、ゲストの加藤いづみさんと一緒に「見上げてごらん夜の星を」歌いました。
 会場入口の展示パネルには、松山城でのヤンボラの活動もしっかり紹介されてました。
本文へスキップ

平成30年度ボランティア H30 Volunteer Report



4.6月17日献血呼びかけボランティアin大街道

     
 今年度初の献血呼びかけのボランティアを大街道献血ルームで行いました。60名を超える高校生スタッフが参加し、頑張って呼びかけることができました。  当日は、俳句甲子園の四国地区予選が行われていましたが、今年は献血ルームの目の前が会場でした。声を若干落としながらの呼びかけです。  呼びかけの時に配るティッシュにチラシを入れています。もらった人が、献血に興味がわくといいですね。  この日は普段行っていない200mlの献血が可能で、呼びかけに参加した高校生スタッフの希望者が実際に献血をしてくれました。献血前の問診中です。



1. 4月28日愛媛FC「柑太パーク」ボランティア

     
 今年度最初のボランティアに、19名の高校生が参加してくれました。ありがとう!  一番人気のキックターゲットです。常に行列でした。  パットゴルフは意外と難しいんです。うまく入るかな?  今回はおもてなしブースのお手伝いもしました。大勢のサポーターの人たちと交流することができました。



2.シャッター&甲冑着付けボランティアin松山城(5月3・4日)

     
 松山城でシャッターボランティア&甲冑着付けボランティアを行いました。多くの高校生が参加をしてくれました。ありがとう!  天気も良く、最高のボランティア日和でした。ポーズを決めて、はいチーズ!  松山城天守内で甲冑の着付けをしているところです。二~三人で甲冑を着せていきます。  着付け待ちの行列がずっとできていました。多くの観光客の方に喜んでもらうことができました。



3.5月19日 スタッフ会議

     
 今回の会議では、11名のヤンボラスタッフが集まって平成30年度のヤンボラの活動テーマと年間活動計画について話し合いをしました。  昨年度の活動を振り返った後、今年度のヤンボラの活動テーマについて意見を出してもらいました。  平成30年度のテーマは「いいよね、ヤンボラ-笑顔のお手伝いやってみよう―」に決まりました。スタッフが協力してヤンボラの周知を図ります。  今年度の活動案を出してもらいました。ヤンボラスタッフの意見を取り入れ、地域に貢献できるボランティア活動を実施していきます。