データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

伊方町

毛利松平(1913~1985)

 衆議院議員、第二次田中内閣環境庁長官。大正2年7月16日、西宇和郡三机村大江(旧瀬戸町)で生まれた。大洲中学校から慶応義塾大学法学部政治学科に進み、昭和13年に卒業した。南満州鉄道に入社して撫順炭鉱に赴任、労務課長として大学時代からの夢であった〝大陸日本の建設〟に取り組んだが敗戦で挫折した。帰国後、政治を志し27年10月の衆議院議員選挙に第2区から改進党公認で立候補して落選、以後28年4月、30年2月と計3回苦杯をなめた。この間、不屈の精神とたくましい行動力で支持層を拡大、33年5月の第28回選挙で初当選して念願の衆議院議員になった。以後、55年6月の第36回選挙まで9回連続当選した。その間、外務政務次官、衆院大蔵委員長、自民党副幹事長、党県連会長などを歴任、地元南予の水資源開発、南レク、道路整備などの事業推進に尽力した。49年第二次田中内閣の環境庁長官に就任した。豪放らい落な性格で武道をよくし、柔道七段、空手、合気道も高段者で武道館理事長、極真会会長を務めた。58年2月25日勤続議員の表彰を受け、同年秋には勲一等瑞宝章を受章し、同年末の衆院選を機に健康上の理由で勇退、59年県功労賞を受けた。これを記念してこの年12月出身地の瀬戸町役場前庭に胸像が建立された。昭和60年5月24日、71歳で没した。(『愛媛県史 人物』より)


①毛利松平像

①毛利松平像

西宇和郡伊方町三机(伊方町役場瀬戸市所敷地内)

②毛利松平之碑Ⅰ

②毛利松平之碑Ⅰ

西予市宇和町卯之町3丁目(宇和運動公園内)

③毛利松平之碑Ⅱ

③毛利松平之碑Ⅱ

西予市宇和町卯之町3丁目(宇和運動公園内)

④毛利松平像

④毛利松平像

大洲市大洲891-1(大洲市民会館敷地内)

毛利松平関係地図①

毛利松平関係地図①

国土地理院電子国土基本図から作成

毛利松平関係地図②

毛利松平関係地図②

国土地理院電子国土基本図から作成

毛利松平関係地図③

毛利松平関係地図③

国土地理院電子国土基本図から作成