データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

えひめ、昭和の記憶 ふるさとのくらしと産業Ⅷ -新居浜市-(平成27年度「ふるさと愛媛学」普及推進事業)

はじめに

 愛媛県教育委員会では、平成3年度から、ふるさと愛媛をよく知り愛することを基本テーマとして、人々の生活や文化、産業など様々な視点から調査研究を行い、「愛媛らしさ」を探究する「愛媛学」に取り組んできました。
 近年、豊かな自然に囲まれ伝統的な文化が息づく地域のよさが見直され、個性的で魅力的な地域づくりを目指す動きが活発となり、県内においても各地で様々な活動が展開されています。
 このため、平成23年度から、地域文化を次世代に継承し、貴重な地域資源を特色ある地域づくりに生かすために、住民や市町と県が一緒になって活動する愛媛学へと発展させた「ふるさと愛媛学」普及推進事業に取り組むこととし、今年度は、新居浜市と砥部町を対象に調査研究普及活動を実施し、報告書を作成しました。
この活動では、「ふるさと愛媛学」がそれぞれの地域に根付くよう、調査研究に参加していただく住民の方や地域学に関心のある方を対象に、地域学の調査方法などを学習する「ふるさと愛媛学」サポーター養成講座を開催し、受講した方々に実際に調査を体験していただきながら、市町及び県と協働でその成果を調査報告書にまとめました。
 この調査報告書が、「ふるさとらしさ」や「愛媛らしさ」を発見、再確認し、県民一人一人の学ぶ意欲を高め、ふるさとを誇りに思い郷土を愛する心を育む契機になれば幸いです。
 終わりになりましたが、今年度の調査研究普及活動の実施に当たってご協力をいただいた新居浜市教育委員会、砥部町教育委員会をはじめ、多数の調査研究協力者(ふるさと愛媛学サポーター)の皆様に厚く御礼を申し上げます。

 平成28年3月
                             愛媛県教育委員会