データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

臨海都市圏の生活文化(平成7年度)

(2)船で御城下へ①

  ア 和霊大祭

  (ア)和霊大祭と宇和島まつり

 和霊大祭が7月24日中心に行われるというのは、山頼(やまより)和霊神社が建てられ、承応2年(1653年)6月24日遷宮が行われたという記録に基づいているようだ。(山家清兵衛は寛永8年〔1631年〕八面荒神(*5)の一隅に児玉(みこたま)明神として初めて祭られたという。)
 元禄15年(1702年)6月24日の祭礼から神輿渡りが始まり、享保14年(1729年)には、4代藩主伊達村年(むらとし)の夫人から笠鉾(かさぼこ)屋台が寄進され、次第に盛大な祭礼となっていった。一方和霊信仰圏も年とともに拡大し、「『村候(むらとき)公御代記録書抜』によると寛延三年(1750年)の和霊祭(6月)には『旅人入船 川口新町口見及候。入船高四百六十艘(そう) 十九艘旅船 旅人弐千百五人程』、宝暦八年(1758年)の祭において、『向新町宿付候、大洲・松山・讃州・土州参詣弐百七十六人、商人十五人。新町口見及候分、上州七百五十人程、大洲二百人程、松山六十人程。佐伯町口見及候分、土州六十二人、入船高三百三十五艘』であった。」という。(⑭)当時の祭りのにぎわいが推測できる。
 現在の和霊大祭も、参拝船の数こそ減ったが、市民はもとより、県内、県外からの参拝者で昔をしのぐにぎわいを見せている。ことに28年前(昭和42年〔1967年〕)から宇和島まつりが加わり、宇和島市あげての盛大な祭りとなっている。もちろんその中で和霊大祭は和霊神社夏季大祭として伝統を守っている。宇和島市商工観光課の話によると、宇和島まつりは今年(平成7年)で29回目、盛り上がりを期待して和霊大祭に合わせて始めたということである。期間は3日間(7月22~24日)、和霊大祭の祭礼行事と調整しながら、ストリートダンス、うわじまガイヤカーニバル、ブラスバンド(鼓隊)パレード、宇和島おどり大会、闘牛大会、牛鬼パレード(写真3-2-17参照)、花火大会など多彩な行事を企画している。

  (イ)走り込み

 和霊大祭の祭礼行事の中で最も有名なものは7月24日夜の走り込みであり、祭りのフィナーレをかざる最大の見物である。三体の神輿が神社前を流れている須賀(すか)川を経て勢いよく還御(かんぎょ)することを走り込みといい、両岸は見物客で埋め尽くされる。
 神輿の出御(しゅつぎょ)は午後5時過ぎ、神社境内に立てられた御神竹の周囲を勢いよくかけ回った後、市内を練り、お旅所(市内丸之内の和霊神社)へ向かう。お旅所では御旅所祭という神事が行われる。午後8時ごろ、神輿は新内港(市役所裏)に到着。そこに御座船が待ち受けている(写真3-2-18参照)。市内をパレードした企業や団体等が趣向を凝らして造った山車も勢ぞろい。中には顔にペインティングした若者もいる。新内港は新旧渾(こん)然一体の状況を呈している。いよいよ海上渡御、神輿は御座船に移され、船は図表3-2-5のような順序で港を後にした。
 船は須賀川河口付近に着岸、再び神輿は担がれて和霊神社へと向かう。一方、企業・団体等の山車は先回りをして須賀橋(和霊神社御幸橋の下(しも)に架かっている橋)のたもとから須賀川に入り両岸の見物人を楽しませる。やがて午後9時過ぎ神輿到着、同じく須賀橋のたもとから川の中へ。走り込みの始まりである。川の真ん中に立てられた御神竹の回りをかがり火に照らし出された神輿が巡る。若者が御神竹をよじ登り、先端の御幣を奪う。神輿は神社の階段を一気に駆け上り、人々の血を騒がせた走り込みは終わる。

  イ 遊子から御城下へ

 上原 甚太郎さん(宇和島市遊子 大正13年生まれ 71歳)
 遊子(ゆす)の上原甚太郎さんは、持ち船を和霊大祭の折の神輿の海上渡御に何度も提供している。現在所有している船も提供したという話である。
 「戦前、わたしの家の船が先導船となったとき、須賀川の途中まで上りました。(昔は船で須賀川をある程度上り、そこから走り込みが行われていたらしい。)橋をくぐるために旗を倒し、船の煙突が橋につかえるときには、みんなで橋を持ち上げるようにして通った記憶があります。海上渡御の船の数は現在とあまり変わりません。航路もほぼ同じ(内港から須賀川)でした。わたしの小学校のころは網船だったので、すべてこいでいました。船の提供については和霊神社の役員から依頼されます。以前は提供を申し出る人もありました(特に新造船の船主)。今は割当て制で、今年は遊子の漁協に頼もう、九島の漁協にも依頼しようということになります。漁協の方から『お前とこの船を出せや。』と言って来ます。御座船は二隻をもやい(つなぎ合わせ)ましたので、御座船だけでも6隻必要でした。2隻の間にタイヤを入れ前後に2本の丸太を渡して縛ります。 2隻の方が神輿を取り扱うとき都合がよいからです。御座船には担ぎ手も乗り込みます。彼等はずっと担いできたので暑くてたまらない。水をかぶったり、中にはビールをかけたりする者もいます。戦後わたしも神輿を担ぐくじに当たったことがあります。宮出しから宮入りまで担ぎました。須賀川では、ちょうど潮が満ちていて背が届かず、上を向いて担ぎ棒にすがって首を突き出していました。わたしは船を何回も提供したし、担ぎ手にもなりました。だから祭りのおもしろさもよく知っているし、何がつらいかも分かります。
 和霊大祭のときには、住吉小学校のあたりから、朝日運河、内港はもちろん、来村(くのむら)川坂下津(さかしづ)付近まで旗を立てた船で埋め尽くされました(図表3-2-6参照)。土佐(高知県)は言うに及ばず、中国地方(瀬戸内沿岸)、九州(大分、宮崎、鹿児島)の方の船も来ていました。どうして分かったかというと、船の形や大きさが違うからです。わたしの少年時代には遠くから見てもどこの船か分かりました。早い船は祭りの4、5日前からやって来ます。遊子の浜から見ていると7月20日ごろからお祭りに行く船が高島(遊子沖の島)あたりを次々と通って宇和島に向かっていました。人々が早くから来る主な目的は見物でした。宇和島に行けば、融通座、共楽座という芝居小屋があったので、芝居も見ることができ、活動写真もあります。サーカスや見世物小屋も出ています。以前の須賀川(*6)を埋め立てたところあたり(図表3-2-6参照)でサーカスや見世物をやっていたことを覚えています。もちろん露店もびっしり並んでいました。また、船で来る人ばかりではなく、現在の北宇和郡の吉田町、三間町、広見町、津島町から峠を越えて参拝に来る人たちもあり、和霊大祭になると夜通し騒がしく眠れなかったという街道筋の人もいたといいます。


*5:八面荒神は現在和霊神社境内の竃(かまど)神社に祭られている
*6:須賀川は内港の土砂堆積防止のため昭和5年~昭和7年(19,30~1932年)の間に付け替えられて現在の流路となる。

写真3-2-17 牛鬼パレード

写真3-2-17 牛鬼パレード

平成7年7月撮影

写真3-2-18 朝から停泊していた御座船

写真3-2-18 朝から停泊していた御座船

平成7年7月撮影

図表3-2-5 平成7年の海上渡御の船の順序

図表3-2-5 平成7年の海上渡御の船の順序

平成7年7月24日 見学により作成

図表3-2-6 昭和30年(1955年)ころの宇和島港

図表3-2-6 昭和30年(1955年)ころの宇和島港

当時の地図などを参考にして作成した略図