データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

えひめ、昭和の街かど ―生活を支えたあの店、あの仕事―(平成21年度)

(1) 水族館のあゆみ①

   ア 長浜町のシンボル

 「私は町の職員として、昭和50年代に3年間水族館に勤めました。長浜水族館は、長浜町の町営でした。水族館のあった場所は県立長浜高等学校の隣で、現在保健センター(大洲市長浜保健センター)のある所です。
 私は白滝(しらたき)(現大洲市白滝)の生まれです。水族館ができたのが昭和10年ですから、物心ついた時には水族館がありました。学校の遠足か何かだったと思いますが、国鉄(現JR)に乗って水族館に行ったことがあります。私は最初、白滝の森林組合に就職していましたが、昭和30年(1955年)に白滝村が長浜町と合併したのを機に長浜町役場に入りました。
 水族館は町営のため、勤務する職員は町職員です。私も役場の人事異動で水族館に勤めることになりました。私が勤めていたころ、水族館の正式な職員は私1人だけで、あとは嘱託の掃除のおばさんが1人、入口のチケット売り場のおばさんが1人の計3人でした。おばさんは2人とも水族館の近所の人でした。魚の世話は私1人がしていましたが、そんなに忙しいというわけでもなく、比較的のんびりとした職場でした。
 当時の入場料は大人100円でした。水族館は冬の間、12月から3月まで閉館します。お客さんがあまり来ないためです。昔は水族館のすぐ近くに長浜海水浴場(写真2-2-3参照)があり、夏は海水浴客でにぎわっていたため、水族館を訪れる客も多かったのです。団体客がバスで来ることもありました。学校の遠足や地域の子ども会行事などで来ることが多かったです。
 しかし私が勤めていたころには海水浴場の海岸線が変わってしまい、海水浴ができなくなっていました。潮の流れが複雑で危険だったこともあります。そういうわけで、海水浴場は橋(新長浜大橋)の向こう(西)の沖浦(おきうら)に移りました。しかし最近は、もとの海水浴場でもまた泳げるようになっています。昔に比べるとテトラポットなどの護岸工事がされ、海水浴ができる海岸はずいぶん狭くなりました。もっとも海水浴客もそんなには来ませんが。
 水族館に来るのは県内のお客さんだけです。私が勤めていた当時は、宇和海沿岸の明浜(あけはま)や三瓶(みかめ)の人もよく来ました。その縁で明浜の人から『めずらしい魚が獲れたのだが、来ないか。』と水族館に電話がかかることもありました。
 長浜の町にとっても、水族館と開閉橋(写真2-2-4参照。昭和10年〔1935年〕に開通した日本最古の道路可動橋。赤色のバスキュール〔跳ね上げ〕式鉄鋼開閉橋で、長浜の町民は親しみをこめて『赤橋』と呼んでいる。)は町のシンボルでした。町民も水族館にはよく来ました。海辺で育った町の人も、水槽の中で見る魚はちょっとちがっていて面白かったのでしょう。町に娯楽場はそんなになかったのです。町の社交場のような役割も果たしており、お茶を飲みながらあれこれ世間話をする場でもありました。地元の顔見知りの人からは入場料は取ってなかったように思います。役場が近いので、昼休みには役場の職員もよく話に来ました。こうした地元の人々との交流の中で、めずらしい魚があがったという情報もすぐに寄せられるようになったのです。ある時漁師の人から大きなアナゴがあがったという連絡があり、見に行ってびっくりしました。胴回りが40センチ、体長が1mをはるかに超える大アナゴでした。その時はマスコミが取材に来て、新聞にも載りました。お客さんもみんな驚いていました。NHK松山放送局が、夜の魚の様子を取材に来たこともありました。その時私は鍵をNHKの人に渡して、『適当に撮影してください。』と言って家に帰りました。おおらかな時代でした。」


写真2-2-4 開閉橋

写真2-2-4 開閉橋

大洲市長浜町 平成21年6月撮影