データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

わがふるさとと愛媛学Ⅲ ~平成 7年度 愛媛学セミナー集録~

□日本一の真珠養殖                              村上 昭四郎

 御紹介いただきました、村上でございます。
 「宇和島ことはじめ」ということですが、今からお話する「宇和島の真珠養殖」とは、この業界の通例によりまして、宇和海全体のことだと御理解いただきたいと思います。と申しますのは、東京、伊勢(三重県)、神戸の加工屋さんなどが、この宇和島のほか御荘(南宇和郡)や津島(北宇和郡)に真珠を買いに来るときにも、「宇和島へ行ってくる。宇和島へ玉を買いに行く。」と言っておりますし、愛媛県全体、宇和海で取れる真珠全体をひっくるめて、「宇和島の真珠」というようになっているからです。
 私が宇和島へまいりましたのは昭和31年(1956年)ですから、それ以前のことにつきましては詳しくありません。それで、愛媛県水産試験場に長く勤めておられた小林憲次さん(宇和島市在住)が、近々本をお出しになるために整理された、水産試験場の真珠養殖の記録などをお借りして、お話したいと思います。