データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

わがふるさとと愛媛学Ⅲ ~平成 7年度 愛媛学セミナー集録~

◇町づくりとイベント

 次に、町づくりとイベントとの関連ということで、「五色姫復活祭」について、お話させていただきます。
 従来、商店街の活性化の手段として、イベントが考えられてきました。商店街を舞台としてイベントを行い、消費者に商店街に来てもらい、知ってもらうということです。これは伊予市でも、「ふれあい土曜夜市」、「みなみ土曜夜市」などとして行っております。
 しかしこれからは、イベントも町づくりを意識したものとなってくると思います。今年3月で7回目となった五色姫復活祭は、伊予市の独自性をその歴史に求め、五色の石となってしまった5人の平家の姫たちの悲しく美しい物語を現在に移し、伊予市の春祭り、女性の祭典として、伊予市商業協同組合が主催し、多数の団体、個人の協力を得て取り組んでおります。五色浜と商店街を舞台にし、五色姫パレード、稚児行列、女性みこしかきくらべを中心に、多種多様な企画を行っております。
 今年からは、「愛媛の春は五色姫復活祭から」とキャッチフレーズを変え、広く県下にアピールしております。五色姫は、伊予市を代表する独自のイメージキャラクターとして、認知されつつあります。一昨年(平成5年)の「全国豊かな海づくり大会」にも参加し、各種イベントにも招待されております。明日、伊予市の健康祭りが行われますが、それにも五色姫が登場いたします。今後、伊予市独自のイベントとして、内外に注目されるような情報発信力を持ったイベントに成長させていきたいと思いますので、会場の皆さんも、ぜひ御協力をお願いします。


五色姫復活祭

五色姫復活祭