データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

わがふるさとと愛媛学Ⅲ ~平成 7年度 愛媛学セミナー集録~

◇漂着物あれこれ①

 以下、スライドで、御説明させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。(紙数の都合により、一部を掲載)

写真1
 ここは博多湾に伸びる海の中道とよばれる砂州です。左手のほうに、志賀島が見えます。金印の島でございます。冬になりますと、このようにけっこう人が歩いております。これは健康のためだけではありません。 11月から12月にかけて、ソデイカという大きなイカが打ち上がるわけです。大きいのになりますと、体が60cm、身の厚さが4cmほどもあります。1匹売れば1万円ぐらいになるわけで、津屋崎あたりでは、「あの人はイカば拾うてから、バイクを買いなさった。」とか、そういう話も時には聞かれます。この数年、大量に上がって、ずいぶん値段が下がったそうですが、それでも小さいのでも1匹3,000円ぐらいするのです。


写真2
 これは私が住んでいる福間の海岸なんですけれども、こういう砂浜が続いております。最近は、こういうようにして護岸や、さらに波消しブロックと言いますか、そんなものを設置してだんだん自然海岸が少なくなっております。


写真3
 これは、私の家の近くの海岸ですが、恋の浦というところです。名前は、恋の浦ですが、ずいぶん荒れ果ててしまいまして、名前のようにはいきません。4月から5月にかけては、ワカメがたくさん打ち上がるわけで、こんなにしてワカメを拾っております。これは全部ワカメです。季節的には、ちょっと固いのが多いんですけれども、小さいのであれば、まだ食べられます。沖に朝鮮通信使の寄港地相ノ島が見えます。


写真4
 最近は、ずいぶん発泡スチロールが使われるようになりました。発泡スチロールのウキであるとか、そういうものが多くなり、これが、風に吹かれて松の防風林(防砂林)に、プラスチックやビニールなどとへばり付くようなこともあります。護岸にくだけて、海が荒れると、雪が降っているような感じになることもあります。発泡スチロール、廃油ボール、プラスチック、ビニール、それから今年のように暑ければ、ビールの缶がずいぶん漂着します。これらは川に捨てられたものも多いと思います。


写真5
 玄界灘は御存じのように、大陸に近いところでもあります。それでこういう密航監視所というのがあって、以前は地元の青年団が泊まっていたのです。このころは、人気(ひとけ)のない海岸に船を着けて上陸するというのではなくて、去年も今年も、もう港に堂々と船を着けてやって来ております。こんなものも、あまり役に立たない、そういう時代になったのだなということを感じました。


写真1 海の中道 右:玄海島 左:志賀島

写真1 海の中道 右:玄海島 左:志賀島


写真2 福間海岸 波消しブロック

写真2 福間海岸 波消しブロック


写真3 恋の浦 ワカメの漂着

写真3 恋の浦 ワカメの漂着


写真4 風に飛ばされて吹き上げられた発泡スチロールやペットボトル

写真4 風に飛ばされて吹き上げられた発泡スチロールやペットボトル


写真5 白石浜(松林の白い建物が密航監視所)

写真5 白石浜(松林の白い建物が密航監視所)