データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

わがふるさとと愛媛学Ⅲ ~平成 7年度 愛媛学セミナー集録~

はじめに

 近年、地域間競争が激しくなる中で、「地域の個性」の重要性が認識されるようになりました。
 また、「一冊の百科事典に値する」と言われるお年寄りの知恵や記憶を頼りに、日ごろ何気なく見過ごしている身近な地域のことについて、もっとよく知りたいという気運が高まってきており、生涯学習の観点からも「地域学」が注目されるようになりました。
 そこで当センターでは、平成3年の開館以来、県民の皆様一人一人に、郷土の生活文化の良さや地域らしさを再認識していただけるよう、だれでも気軽に取り組める、アマチュアの素朴な探究心を大切にした新しい地域学「愛媛学」を提唱して参りました。
 その一環として、より多くの県民の方に「愛媛学」を理解していただくために、今年度も、県内3会場で「愛媛学セミナー」を、また当センターで「愛媛学トーキング」を、それぞれ開催いたしました。
 「愛媛学セミナー」では、「わがふるさとと愛媛学」という統一テーマのもと、より身近に感じていただけるように、「大山祇神社と島のくらし」(大三島町)、「港とともに伊予市のくらし」(伊予市)、「宇和島ことはじめ」(宇和島市)と、それぞれの地域の特質に即した会場ごとのサブテーマを設けて、ふるさとの再認識を試みました。
 「愛媛学卜一キング」では、「私の愛媛学」というテーマで、作道洋太郎さん(大阪大学名誉教授)の講演や、地域の再発見を進めている県内の研究者の方々のユニークな活動の発表などを通して、身近な地域学習の「愛媛学」の発展の方向を探りました。
 本書はその集録であり、直接会場に来られなかった県民の皆様にも「愛媛学」の趣旨を十分に理解していただき、生涯学習の地域研究の楽しさを味わっていただきたいと願って発行するものです。県民の皆様が、それぞれの立場や感性で、すばらしい郷土愛媛について調べたり考えたりするきっかけとして、本書を広く御活用いただければ幸いです。

 平成8年3月
 愛媛県生涯学習センター