データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

わがふるさとと愛媛学   ~平成 5年度 愛媛学セミナー集録~

2 飾り幕の制作

 飾り幕は、おおまかに、布団締め、上幕、下幕(=高欄幕)に分類される。図柄、種類などの詳細は、資料のとおりである。
 制作の本番とも言えるのは刺繍(ししゅう)で、飾り幕の刺繍のことを「縫箔(ほうはく)」という。正式には「立体刺繍縫箔技術」とよばれ、「平縫」、「高肉縫」、「刺縫」などの技法がある(資料参照)。平縫は一般の平面刺繍、高肉縫とは綿入れや厚紙を中身に入れ、その上から刺繍を施すもの、刺縫とは、禽獣(きんじゅう)物(唐獅子(からじし)、鷲(わし)など)の動物の毛並みなどの刺繍のことである。これらの刺繍は部品ごとに行い、刺繍ができたら枠から取り外し、小さな部品を大きな部品に縫い合わせ、最後に厚みを持たせるための中身を入れながら全体を組み合わせ、完成品となる。布団締めの場合で、小さく分類すると約40個くらいの部品からできている。
 上幕、下幕(=高欄幕)の作り方も、刺繍の技法は布団締めと同様であるが、図柄によってはたいへん手間のかかるものがある。一番手間のかかるものは、「御殿もの」で、次に「武者絵」などの「人物もの」である。御殿ものの場合、だいたい「禽獣もの」の2倍以上の手間がかかる。
 布団締めの図柄と大きさについては、各太鼓台で多少の差があるが、時代とともに大型化してきた。昔は、呼び名のとおり、ただ布団を締めていた帯に小さな刺繍をしていただけであるが、刺繍の部分が拡大化・厚手化し、今の形態になった。幕も同様の経過をたどったが、図柄が昔の物語ものから一見派手に見えるものへと様変わりしてきた。
 制作の技法も、時代とともに変遷していくものと推測されるが、やはり昔の技法にはそれなりの工夫が施されており、その技法はやはり受け継がれていくべきものだと思っている。
 使用する金糸は、最近はほとんど蒸着ものと呼ばれる「ソフト金糸」で、本金糸ではない。その理由は、「雨に弱く、剝落しやすい、変色が早い」ということに加え、撚糸機械の普及による量産化と、蒸着ものの急速な伸長といった、業界の生産状況の変化によるものと考えられる。
 参考までに、ソフト金糸は、金ではなくて真空中で銀を糸に蒸着しているので、硫黄系統の油に弱いという性質がある。硫黄によって銀が硫化銀になって変色する。ソフト金糸を使った太鼓台の保存場所では、石油・ガスストーブの使用は絶対に避けるべきである。
 太鼓台は新居浜の文化財として、新居浜の人たちによって伝承されていくべきものと思うので、飾り幕制作に興味のある人はぜひ連絡してほしい。


【資料】

 ★作業の工程

①下絵を描く。
②部分的に写しとって紙張枠に張る。
③イ 龍なら綿で肉を盛る。
  口 御殿なら厚紙を張り合わせて建築と同じように作る。丸みをつけるように削る。
④糊をつけ、刺繍をする。
⑤刺繍が済めば紙張枠から外し刺繍の周囲を縁取りする。
⑥刺繍した部分毎に木綿などを詰めて厚みを作る。
⑦部分を組み合わせ、まとめる。
⑧仕上げをする。



布団締め(しめ)阿龍(ありゅう)(雌龍) 吽龍(うんりゅう)(雄龍)
        昇龍               降龍
        玉(如意宝珠)         剣
        投げ尾、巻き尾

上幕      禽獣の幕①
        御殿の幕②
高欄幕     禽獣と御殿の幕③
        武者絵の幕④


 ★幕の図柄

①龍、飛龍、唐獅子、鷹、鯉、猿、猫、虎
②(寺社建築、霊廟建築、寺院建築、城郭建築、中国風の宮殿建築)
 東照宮の陽明門、唐門、輪蔵、金比羅宮の旭社、名古屋城、五重の塔、三重の塔、多宝塔、
 大雄殿図、桜門、重層門、二天門、金堂(三仏殿)柄神楽殿、龍宮門、昌徳殿、仁政殿
③須佐之男の命の大蛇退治、渡辺綱と茨木童子、楠木正成の桜井の別れ、半蔵公の獅子遊び、
 韓の厥童子、神功皇后の三韓征伐、清盛の日招き、志度海女の玉取り

※立体刺繍縫箔技術 推古朝時代に唐から渡来、京都を中心に伝えられてきたという。
  (日本最古の刺繍 天寿国繍帳)
 立体刺繍 平縫 縫箔時代(桃山時代から江戸初期)
 立体刺繍に携わる職人 高肉縫(江戸中期に始まったといわれる)
  (縫師―高縫師、縫箔師) 刺縫(動物の毛並みなど)

※日光東照宮の図が取り入れられるのは、明治後期から大正期頃と推定される。
(明治前期に新居浜から流出したと伝承のある広島県の大長や能地の太鼓台にも東照宮の図柄は  存在しない。)

※太鼓台は、新調する度に大型化(明治後期から大正・昭和初期)してきたことに伴い、布団締めや飾り幕も肥大化、拡大化、厚手化し、刺繍技術の上では地の部分が失われ、肉入れが全体を占めるようになり、さらに色糸や金具の部分が金糸肉入れに変貌し、燦然と輝く金色が全体を覆うようになる。また、図柄の上では幕はワンセットの武者物、怪奇物からシングルの禽獣物や御殿物が大勢を占め、現在のような物語性の希薄な図柄に変移していく。


山下縫師 茂太郎1861~1930 八郎1905~1966 茂1935~
       高縫い 八郎 県指定無形文化財 縫箔技術
高木縫師 定七1854~1920 安太郎1898~1920 一彦1923~ 御殿物
梶内縫師 近一1896~亡
菅原縫師 林太郎1879~1935 治1906~1984 逞多1945~ 禽獣物
吉田峰男 1927~1986
池田留市 1862~1924


 ★使用金糸

本金糸の性質 雨に弱い、剝落し易い、変色が早い、ということと、撚糸機の普及による量
         産化、蒸着ものの急速な伸長といった業界の生産状況の変化により、・・・
  ↓

ソフト金糸(テトロン金糸)を使用する太鼓台が多い。


四神(しじん)

四神(しじん)


「いわれ」

「いわれ」