データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

えひめ、昭和の記憶 ふるさとのくらしと産業15-四国中央市①-(平成30年度「ふるさと愛媛学」普及推進事業)

第1節 旧土居町の産業と人々のくらし

 旧土居町は、東に旧伊予三島(いよみしま)市、西に新居浜(にいはま)市に接して、南には東赤石山をはじめ、西赤石や二ツ岳などの高峰がそびえ、北は燧灘に面している(図表2-1-1参照)。平野部では米や野菜を産し、特にサトイモやヤマノイモは良質で、阪神市場では有名である。また、山麓沿いには柑橘園が広がり、養豚や養鶏も盛んである。さらに、「赤石五葉松」の特産地としても知られ、一時期は、国道11号沿いに赤石五葉松の直売所が多く点在していた。
 本節では、関川(せきがわ)河口付近の低地での稲作やサトイモなどの栽培について、Aさん(昭和15年生まれ)から、野田(のだ)地区の昔の様子や改田について、Bさん(昭和5年生まれ)、Cさん(昭和27年生まれ)から、天満(てんま)での農業の様子について、Dさん(昭和9年生まれ)、Eさん(昭和9年生まれ)から、五葉松について、Fさん(昭和7年生まれ)、Gさん(昭和29年生まれ)から、それぞれ話を聞いた。

図表2-1-1 土居町主要部

図表2-1-1 土居町主要部

平成19年国土地理院発行の5万分の1地形図「新居浜」による