データベース『えひめの記憶』

えひめの記憶 キーワード検索

瀬戸内の島々の生活文化(平成3年度)

(1)門前町としての歴史と現在①

 大三島町は芸予諸島の中心に位置し、島の西半を大三島町が占める。大三島町の中央部にある宮浦は、昭和30年の町村合併まで宮浦村であり、大三島の中心集落として栄えてきた(巻頭地図及び口絵写真参照)。特に大山祇神社が奈良時代に宮浦に鎮座して後、越智・河野氏の氏神として、また戦勝・海上安全・鉱山・農耕等の神として、広く瀬戸内海全域の信仰を集め、宮浦の繁栄に直接結び付いてきた。この項では、特に大山祇神社前に形成された宮浦新地(しんち)の人々の生活を、門前町商人の生活史としてとらえていきたい。①(なお旧宮浦村は明治18年までは宮浦村と台(うてな)村に分かれており、台村を除く狭義の「宮浦」は上条(かみじょう)、下条(しもじょう)、新地の3地区より成り立っている。図3-3-1参照。)

 ア 門前町の成立
 門前町としての宮浦新地の成立については、昭和15年に同町出身の菅菊太郎氏が「大三島市及び大三島新地町開発沿革」をまとめられ、昭和38年には田中歳雄氏が「大山祇神社と三島市」の研究を著されている。②③また「愛媛県史資料編近世下」に大山祇神社文書の一つとして「三島市」に関する諸資料が収録してある。これらの資料に基づいて、江戸時代における宮浦門前町成立の沿革について、下記にまとめてみた。ここでは基本的には菅氏の論文に、内容を依拠している。④
 鎌倉・室町・戦国時代(13世紀~16世紀)には、大山祇神社は伊予国守護河野氏の尊崇を受け、また神社神官大祝(おおはふり)氏自身が有力な内海豪族でもあり、大いに繁栄していた。(①④)しかしこの時期の神社前における、市あるいは商業活動については、はっきりしたことがわからない。瀬戸内の中での特に目立つ繁栄ぶりというようなことは、うかがうことができない。
 しかし近世に入って、豊臣秀吉による太閤検地は大三島にも及び、天正15年(1587年)に神社社田を没収し、大祝氏の権力は神主としての地位に局限された。江戸時代の寛永12年(1635年)以降明治時代まで、大三島は松山藩領として松平氏の支配下に置かれるようになった。松山藩は「御国潤(おくにうるおい)」政策として、大山祇神社四月大祭を大市日と定め、神社前における大三島市の積極的振興を進め、人市税・運上金・場床賃等の貨幣利潤の増収を計っていった。また後には定期市としての露店・小屋がけだけでなく、恒久的な町家建設を行った。(②④)これが宮浦新地の起源となるわけである。年代順に新地町成立までの経過をまとめると表3-3-1のようになる。
 菅菊太郎氏等によれば、上記の安永5年以降の工事により、宮浦は図3-3-2のように変わり、新地町が形成された。
 成立当初の入居者は38軒であった。しかし松平定信の寛政の改革(1787~1793年)の余波により、毎月1回にまで増加していた富くじが禁止されるとともに不景気に陥り、一時は町家居住者が17軒にまで激減した。その後再び富くじ等の入札興行許可を得て回復し、家数46軒にまで回復した。その後の文化年間(1804~1817年)の屋号には、竹原屋・池田屋・若松屋・古野屋・風早屋・阿波屋・長門屋・今治屋・尾道屋等の名称が見え、瀬戸内海各地出身の商人が集まってきた様子がうかがわれる。①②しかし、天保の改革(1841~1843年)で再び富くじが禁止され、安政2年(1855年)にさらに、それまでの藩の御目付(おめつけ)支配(三島役所)が廃止されて郡代官所の間接支配になるとともに、それまでの新地町に対する種々の保護も消滅し、松山藩の商業中心地としての地位を失うことになる。(①②④)
 次頁の写真3-3-1・2は現在廃屋となっている宮浦新地参道の家屋である。この家屋には写真に見るように「おだれ銀」(①②)のあることなどから、江戸時代にさかのぼる建築物と思われる。この家屋を含めた何軒かに写真3-3-2のような「卯達(うだち)」が見られ、その凝った装飾などから江戸~明治期の繁栄がしのばれる。

 イ 明治時代初期における宮浦の商業
 次に大三島町教育委員会が所蔵している、明治18年(1885年)3月付けの「宮浦村諸営業金高届」を分析することにより、明治時代前半の宮浦新地の状況を推測してみた。(なお、上記の届は職種別に記載され、同一人物がいくつか職種を兼ねている場合もあるため、正確な戸数を示すものでない。)
 当時の宮浦新地の商業営業者等の名前を見ると(次頁の表には掲載していないが)、菅・藤原・越智・渡辺・浅野等の、現在の大三島町に多い姓が8割近くを占める。島外からの定着者が改姓した場合もあると思われるが、江戸時代と比べ商人の土着化が進んできたことがうかがわれる。また、表3-3-2を見ると、小売業における職種では、豆腐・酒・米・小間物・付け木(炊事用の割木)等の、生活に密着した食料品・日用品が大多数を占めており、その点からも、江戸時代の(富くじ・芝居等の種々の興行・遊女屋などの)藩の貨幣獲得のための一見華やかだが不安定な興行中心のものが、明治以降(藩の政策の廃止とともに)島内及び周辺島しょ部の住民生活に密着した商店街に変化してきたのではなかろうか。

図3-3-1 宮浦周辺図

図3-3-1 宮浦周辺図

建設省国土地理院25,000分の1地形図「木浦」「木江」から作成

表3-3-1 松山藩の宮浦における商業振興政策の沿革

表3-3-1 松山藩の宮浦における商業振興政策の沿革

「大三島市及び大三島新地開発沿革」②をもとに作成

写真3-3-1 「おだれ銀」の残る古い家屋

写真3-3-1 「おだれ銀」の残る古い家屋

おだれ銀とは、現在のアーケード状のもので祭日に露店を出すためにも使う。平成3年11月撮影

写真3-3-2 左家屋の「卯達」

写真3-3-2 左家屋の「卯達」

卯達とは隣家との防火壁である。平成3年11月撮影